モラハラを受けて離婚したアラフォー一人暮らし

モラハラ夫と今年離婚しました。離婚して後悔してないか書いています。

別居して約1年たった感想

別居して約1年経ちました。

今は離婚しています。

 

今の気持ちは、正直とても複雑です。

 

別居した当時や離婚の少し前までは、絶対離婚してやる、あんなやつと別れられるなら、何もいらないと思っていた。

 

今離婚して、一人で生きてます。

正直、、、、後悔の気持ちがよぎることがあります。

 

後悔の気持ちがよぎる理由

1、働くのが辛い。パートの時とはレベルが違う辛さ。

2、孤独。夜涙が出てくる。

3、誰かに守られたいけど、年齢的に再婚は難しい。

 

1、働くのが辛い。パートの時とはレベルが違う辛さ。

f:id:mainitine:20190724131123j:plain

 

フルで働くって本当に大変。朝早く起きて、自分にお弁当作り、夜は帰ってきたらお風呂に入って洗濯してご飯食べて寝たら、もう次の日。

会社には、モラハラ上司、モラハラ先輩が必ずいる。

 

モラハラ夫が大嫌いだったのに、世の中にはモラハラしてくる人がこんなに多いのだと驚愕しました。

私ができないのが悪いのですよ。それでも1時間、説教は長いですよ。いかに私が無能であるかを、さも私の為であるかのように言われても、1mmも心に響きません。

 

会社なのでパワハラなのですが、上席に言ったら、上席にも怒られました。私にも非があるそうです。そうでしょうね。覚えが悪くて要領が悪い私が悪いそうです。

 

モラハラ先輩には、しまいには「謝り方が悪い」とまで言われました。すみませんに心がこもってないように聞こえたらしいです。

 

今は、元夫に感謝の気持ちがあります。

元夫も会社でいじめられていて、でもそれを私に言えずに他のことで私に怒鳴っていたのかもと思います。 

 

謝るのはモラハラ夫で慣れていたのですが、世の中には上には上がいるものです。心を病みまして、転職しました。今の職場は給与は下がりましたが、派遣なので言われたとおりすればよいので気楽です。

 

2、孤独。夜涙が出てくる。

離婚前は、友達は少ないがいると思っていたのですが、離婚後めっきり友達がいなくなりました。家族持ちは、家族のことで忙しいし、独身の人にはその人の人生があって、私の相手ばかりしてくれるわけではありません。

ラインに、いつまで経っても返信がなくて、「あっ、これはブロックされたのだ」と気づきました。

 

普通の人は、ネガティブなことばっかり言う人は嫌いですよね。離婚前は、親身になってくれましたが、ずっと私にかかりっきりというわけにはいかないです。

 

3、誰かに守られたいけど、年齢的に再婚は難しい。

結婚したい男の人って、子供が欲しいんですよね。

私は子宮内膜症があって治療をしているので、絶対に子供ができません。

 

再婚は無理ですね。

 

 

<離婚して良かったこと>

離婚しなかったら、今日まで生きていなかったかも。

自死していた可能性があります。離婚してよかった。

好きにお金が使える。何でも自分の決定で買えます。これは本当に楽しい。

貯めないといけないけど、ずっと節約ばかりしていたら卑屈になってしまう。

 

離婚してから、オイシックス も買ったし、食材宅配のヨシケイ も買った。  

結婚していたときは、どれも不可能だったもの。どれもすごく美味しかった!

人間は美味しいものを食べると元気になるので、気分が落ち込んだら、少し高いものを買って食べることにしています。

 

オイシックスは、高いけど変わった野菜が買えて、ヨシケイは最初、激安でカット済みのセットが買えます!自分で材料揃えるのと変わらないぐらいの値段と思います。

ヨシケイは特にお勧めです。どんなに料理下手でも、調味料も付いてくるので必ず美味しく母親が作ったようなのができます。(塩とかバターはこちらで用意がいるけど)

 

お試しは本当にお得です!

詳細は↓↓ここから見れます。 

 

生きるって本当に大変。

生きてるだけで偉いって思います。将来も不安だけど、今を生きるのも大変。

以前の職場では、ビルから飛び降りるのは、お昼まで耐えてからにしよう、午後3時まで耐えよう、午後5時まで耐えようって、1日を幾つにも区切って乗り切ってました。

 

1年経ったら楽になるって言われたけど、朝会社に行きたくないのだから仕方ない。

自分で自分を食べさせないといけない。いじめてくる先輩に(先輩はいじめてる意識はない)、すみませんと頭を下げて仕事を教わらないといけない。

 

聞かないと教えてくれないところだったので辛かったです。一度聞いたら二度聞いたらダメでした。聞くと、「何で前回聞かないのよーーー!」と激怒されました。

あの先輩は更年期だったのかもしれないけど、30代後半の男性もよく似た感じだったから、そういうパワハラ風の会社だったのです。

 

それでも、あそこで働いている人もいるのだから、やはり私が弱いのでしょう。

新入社員なら最初は怒られるものとして、最初の数年は我慢なのでしょうが、もうおばさんの私は怒られるのはもう十分なのです。十分夫に怒られてきました。

会社が若い子を採りたがるのも分かります。下手に知識があると、パワハラだとか騒ぎますものね。

 

結婚にも失敗し、就職にも失敗。

貯金もない。友達もいない。能力もない。社交性もない。

上司・先輩に可愛がられる要素もないおばさん。

 

見栄をはる相手がいないので、もう着飾る服を買うのはやめました。

お金を使うのは食べるもの、外食、本だけです。

美味しいものを食べていれば、とりあえず生きていこうという気力がわいてきます。

 

とりあえず圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100を買いました!

勝間さんの最新本です。

書いてあったとおりの方法で投資信託を買ってみました。

いつか、それで食べていける日がきたらいいけど、そこまでのリターンをのぞむ商品ではないですよね。