モラハラ夫と暮らしている貧乏主婦のブログ

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます。モラハラ愚痴や対策、お金がなくても生活を楽しむ情報を書いています

モラハラ夫との暮らしに慣れてきた自分が嫌だったが、モラハラ夫との暮らしに快適を感じはじめているのではないかと気づいた話

モラハラ夫と暮らし、毎日ドキドキしながらヘマしないように過ごしています。

 

最近、自分は不幸でないといけないと洗脳されている気がしていました。

 

誰と話しても、自虐ネタを話し、自分のほうが惨めで不幸である状態で話を終わらせて、周りの人を気持ちよくさせて安心してしまいます。

 

人に嫌われたくない、自慢してると思われたくない(自慢することなんかないですが)、自分の失敗話をすることで、相手に対する信頼感を示したいと思って頑張ってしまいます。

 

そして帰り道、自己嫌悪に陥ります。

 

それなのに、自虐ネタを言って、自分を下げることをやめられません。

 

 

夫との関係でも、常に夫の顔色を伺って行動しているので、常に我慢している状況です。

 

それなのに、我慢して夫の見たいテレビにし、夫の食べたい夕飯にしていれば、そこまで怒られないので、実は快適なんです。

 

このワケ分からない状況が、ちょうど読んだ本で表現されていて驚きました。

「ずっとやめたかったこと、こうしてやめられました。」という本の一コマです。

 


f:id:mainitine:20190630002842j:image

 

この本です。

ずっとやめたかったこと、こうしてやめられました。

 この本にはいろんな依存性が載っていて新しい気付きがありました。

恋愛関係なら、うまくいっていると壊したくなる自分がいる、わざとケンカ

をふっかけてしまう。

毒親に逆らえない。

ブラック企業をやめられない。

 

ネットで調べると、

こういう不幸に快適を感じることを「幸せ恐怖症」と呼ぶそうです。

 

克服するには

自分がしたい楽しいことをすることだそうです。

 

私はブログで自分が読んで良かったと思った本を紹介するのが好きだと最近気付きました。

このブログを続けていければ幸せだなあと思います。

 

お読みいただきありがとうございますm(_ _)m

 

追記 記事を修正しましたら、☆をつけてくださった方のが消えてしまいました。すみません(T_T)