モラハラ夫と離婚できなかった主婦の貧乏奴隷生活

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます

1、モラハラ夫の嫌だったこと。モラ夫ルール

モラハラ夫はルールが多かった。

(今離婚に向けて話し合い中)

 

料理

1、ご飯は毎回炊きたてでないといけない

(電子レンジで解凍したご飯はまずいそうだ^^; めんどくさー)

 

2、お肉は解凍でも調理でも電子レンジを使ってはいけない

(電子レンジレシピも多いし、シリコン調理道具ですると美味しいんだけどね。

解凍でも使うことが許されなくて、帰ってくる前にこっそり急いで解凍していた。

あほくさー。じゃあ、自分で料理しろって思う。でも言うと、それは家事だから自分の仕事ではないと。亭主関白)

 

3、コップやお皿は、盛り付ける前に一度水でゆすがないといけない

(コップに買ってきたお茶を入れたら、泡が出るでしょ。それが洗剤だ!っというわけ。なわけないじゃん。きれいなコップでも出るよ。

だから、夫に出す前に、こっそり爪楊枝でつぶしたりしていた。)

 

モラハラ夫の語録・性格

1、イライラする

2、これだと精神的に落ち着くからこうして

このセリフで、私は全ての自由を奪われてしまった。

『口座も貯金も、俺の口座に移さないとイライラする。

だって、同じことでしょ。イライラする。』

夫の目を見開いた恐ろしい形相におびえて、機嫌をよくしてほしくて、通帳も貯金も渡してしまった。

改めて思うと、渡す必要なんてないのに、その時は恐くて、その状況か逃れたくて、いつもの優しい夫に戻って欲しくて、全て言いなりになってしまった。

f:id:mainitine:20170412095028p:plain

広告を非表示にする