モラハラ夫と暮らしている主婦の貧乏ブログ

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます。モラハラ愚痴や対策、お金がなくても生活を楽しむ情報を書いています

旦那大嫌いだけど離婚できないし、右手以下

旦那は機嫌のいい時と悪い時が一瞬で変わるので気が抜けない。

 

今日はご機嫌がいいと思っていても、

何か夫にとって不快なことがあると、

あっという間に機嫌が悪くなる。

 

以前は、私がいたらないからだと思っていたが、

最近は病気だから仕方ないと思う。

 

こちらが、謝るまでヒートアップし続ける。

だから、私は謝る。わざとらしく土下座もする。

 

土下座するなと夫は言うけど、

土下座しないと、同じことを何十回も言うだけで終わらない。

f:id:mainitine:20190523172627j:plain


 

「挑発されたから」

「怒らせたお前が悪い」

「けんか売っとるんか」

「イライラさせるな」

と言われる。

 

パート先の男の人たちは、

怒らないし、そやな、とか、すみませんとかキチンと言う。

 

夫も恐らく会社では、女性社員に丁寧に接しているのだろうけど、

自宅で妻には一切の遠慮がないのだと思う。

 

夜か朝、夫の気分次第で、手でしてあげないと

とても機嫌が悪くなり、机や椅子をバンバンする。

恐くて、急いで手でしてあげる。

雑にやると右手以下だと怒られる。

 

(デブちんは、自分でするのもお腹が邪魔で面倒だそう。

夫は手でしてもらうの大好き。楽チンだから)

 

死ねばいいと思うのだけど、

夫がいないときは、疲れた心と体を休めるのに精一杯で

逃げ出すことができない。

 

バカな私、愚かで天然パーだと思うよ。

でも、なぜ離婚しないのか親切に言ってくれる人が、

私の新居の電気代や年金、介護保険料を払ってくれるわけではない。

就職氷河期世代でろくな職歴もない自分が生きていける自信がない。

 

夫と一緒に出かけて一瞬一瞬では楽しい時もあるのですよ。

もちろん全てが地獄ではないですよ。

 

本を読むと結構救われる。

 

最近読んだ垣谷美雨さんの

定年オヤジ改造計画はとても面白かった。

大会社の部長までいった男性が定年してからの話。

奥さんは夫源病になってしまう。

 

男性は、自分は正しいと信じていて、

自分がモラハラをしている意識がない。

 

セリフのひとつひとつがうまくて、

反論する娘や息子の嫁のセリフに共感しかない。

 

同窓会に子供を連れてくる話のところで、

年に一度、日曜日なのに、子供を預かってくれない夫って

どうなのか。

 

そういうを見てると結婚する気がなくなる。というようなエピソードが

出てくる。

 

とても面白かった。

 

本を読むと、違う世界が見られて楽しい。

垣谷美雨さんの本は、どの本もおすすめです。

上沼恵美子さんに近いような思想の持ち主と思います。

大好き。

 

暗い話でごめんなさい。

 

ネット上の有益な情報も載せられるようにしていこうと思っています。

 

いつもコメントありがとうございます。

励みになります。