モラハラ夫と離婚できなかった主婦の貧乏奴隷生活

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます

38,5度もでたのに夫は皿は洗わないし、咳は外でしろ!と言われた

急な寒さで風邪をひいてしまいました。
パート先から何とか帰ってきて、朦朧としていたけど、夕飯を作ってなかったら、またどんなひどい目にあうか分からないから、グラタンを作る。

それから、最近は会社から帰ってきて、すぐお風呂に入りたいそうなので、風呂がまを洗って湯をためる。

そんなこんなしてから、布団とひかずに地べたで、横になっていたら、夫が帰ってきて、一応心配はしてくれて、やっと布団を強いて横になった。

言われて熱をはかると38,5度だった。
そこからもうバイ菌扱い。あんたとは別に寝るとのこと。これはありがたい。

私の作った夕飯は食べたが、皿は洗ってくれないし、ご飯の冷凍をお願いすれば、保温しとけばいいんやと言う。

翌日、病院に連れていってくれた。ありがたい。
こういうときはこんな人でも結婚していて良かったと思う。

絶対インフルエンザか検査してもらってこいと言われ、車をおりるとき、1万渡される。
私は余分なお金もたしてもらってないから。
 
自分は病院のなかには入りたくないそうで、多分カフェにでも行くのだろう。聞かないけど。余計なこと、聞いたら怒られるからね。

検査結果は、インフルエンザではなかった。
いろいろ薬を、出してもらって飲んで、寝ていると良くなってきたのて、昨日の夜から置きっぱなしのお皿を洗い、ついに23時間の保温となったご飯を開けると、べとっとしていたので泣く泣く処分する。

この日の夜は夫がスーパーの半額の夕飯を買ってきてくれた。

ありがたいと思い、お腹もすいてきたので、三パック目に、一口口をつけたら、夫激怒。

夫「それは明日の朝ごはんのつもりやった。返せ。あなたの食べたものはバイ菌がついているので、もう私は食べられない。どうしてくれるんや。」と言う。

本当にこいつはクソだわ。

ずっと怒っている。
何べんも謝った。そんなことは知らなかったと。でもずっと怒っていた。

この夫の口からごめんなさいといつか言わせてみたい。

翌日、調子も良くなってきたし、朝ごはんを作らないと、また怒られるので、冷蔵庫にあるもので何とか夫用に見栄えよく作る。

私は昨日の食べかけの半額の唐揚げ。

調子良くなってきたら、今度は咳が出るようになってきた。
そしたら夫が
「咳は外でしてこい。」と言う。

この寒いのに。

あー、私にお金があればこんな男とはすぐ別れられるのに。。。

この漫画読んだ。
離婚したい気持ちの理由は、すごくよく分かった。


でも、この作者、結局別れてないんだよね。
稼ぎもいいし。。。

まあ、年取ればとるほど、離婚はためらうものかもと思いましたよ。