読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モラハラ夫と離婚できなかった主婦の貧乏奴隷生活

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます

モラハラ夫と暮らすコツはモラ夫がいるときは一番みすぼらしい服を着ること

モラハラ・マネハラ夫と暮らしています。

 

夫が家にいるときは、私が持っている中で一番みずぼらしくて穴が開いているような服を着ます。

会社用にそこそこちゃんとしたのもあるんです。ユニクロかGUですけど、きれいなの。そういうのは着ると、『買ったの?』とか『そんな変なの着るな』と言われるので着ません。

 

全然変なの着てないんですけどね。スカンツとかああいう最近の服は理解できないみたいだ。

 

外にでるときは、見苦しくないよう化粧しますが、夫が帰ってくる前に全部落とします。「今日、外出かけとったんか」とか「いつ帰ってきたんや」と言われるのが嫌だから。

 

穴のあいた服を補修して着ていたら喜んでいた夫。

 

普通は奥さんにキレイでいてもらいたいものじゃないんですかね~。

 

あまりにもひどいと、服を買うよう勧められるが、自分と一緒でないと服を買ってはいけない。あなたの趣味が悪いから。と言われる。

 

で夫と行くと、えーというような色の服を買うはめになる。

ヒートテックは黒だから便利なんでしょ。ところが、紫よりの真っ赤なヒートテックを買えとうるさい。黒ばっかり着るなと言う。

下着だから黒がいいの!と言っても、真っ赤な色のでないとお金を出さないという。

 

お金ほとんど持ってないから、じゃあと真っ赤なの買っていただきました。

でも、首元から赤いのが見えるのが恥ずかしくて、ほとんど着れません。

 

あー、しんどい。だるい。