読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モラハラ夫と離婚できなかった主婦の貧乏奴隷生活

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます

モラハラ夫の態度

一緒にお出かけしました。

お土産屋さんに入りました。

 

夫に食べたいの選んだら?と言われます。

やっぱり夫はいい人!と思います。

 

私は自分の食べたいおかきを選びました。夫に、これが食べたいといいます。

すると、なぜかその場所から夫は移動します。

そして、しばらくしてから夫のところに行くと、「これにしたらどうや」と、一番お得なパックを勧められます。

 

別に、お土産のおかきをわざわざ買わなくてもいいんですよ。お金ももったいないし。

 

でも、夫が何か選んでもいいというふうに言ってくれたら、喜んで選んだのに。

夫の選んだ、一番お買い得なおかきの袋以外は、夫はいい顔をしません。

自分のお小遣いで買えばいいんですけどね。自分のお小遣い2万の中から買うと、洋服とか化粧品とか、友人とのランチのときに足りない恐れがあるので使いたくないのです。

 

それなら自分で収入を増やしたいのに、夫はダメだという。

 

やっぱり、夫の顔色を伺って、夫がいいというおかきを買ってもらったほうがいいよね。そうでないと、ここではお菓子を買ってもらえなくなるし。

 

それで、夫の希望のお菓子を買って、車に乗りました。

あれだけ、どのお菓子を買うかで、夫と心の中でやりあっているので、私はもう食べたいです。ストレスで。

 

でも、食べていいか夫に聞くと、やめておきなさい。家に着いてからにしなさいと言われます。

ところが、15分ほどすると、夫がさっきのお菓子を食べると言い出します。

お腹がすいたそう。

 

夫は必ず許可を出す人で、私は許可をもらう立場、夫は選ぶことができて、私は選んでもそれを決定する権利は与えられていないのです。

 

これでも、車でお出かけできるだけいい、という人がいるのかもしれないけど、私は、苦しい。