読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モラハラ夫と離婚できなかった主婦の貧乏奴隷生活

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます

心の中の足りない何かを埋められたとき最高に幸せな瞬間だ

僕だけが居ない町

『僕だけがいない町』のなかの名セリフ

「心の中の足りない何かを埋められたとき最高に幸せな瞬間だ」

 

「抑圧された気持ちがうんだ代償行為」

 

「そんなの気にしてたんだ」

 

幸せな家族っていないらしい。

瞬間瞬間で幸せなときはあるけど、辛いことのほうが多い。

自分の天命なものに気づいたとき、それは幸せなことだと思う。

 

人によっては、それが子供だったり、趣味だったり、仕事だったり。

自分がそれに没頭できるような何かが見つかれば、こんなに幸せなことはないと思う。