読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モラハラ夫と離婚できなかった主婦の貧乏奴隷生活

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます

モラ夫からやり直そうといわれたとき、やり直すか判断するには

モラ夫からやり直そうといわれたとき、やり直すか判断するには

 

「モラ夫のもとに戻ったとして、その後も自由意志で行動し、素のままの自分で生きることができそうですか?

あなたばかりが我慢を強いられる生活にならないでしょうか。」

 

モラルハラスメントのすべてより

モラハラ夫から脱出をためらう理由の「妻という座を捨てることへの恐怖感」

熊谷早智子・露木肇子・本田りえ 1512円

 

 

モラハラ夫との離婚がなかなかすすまないなか、図書館から借りてきたのが「モラルハラスメントのすべて」という本

 

この中で、とても興味深い点があった。

脱出をためらう被害者たちというところで、被害にあいながらも脱出をためらう隠れた要因が『妻という座を捨てることへの恐怖感』とあった。

 

奥さんというファーストクラスからLCCの狭い座席に滑り落ちることへの恐怖感が、離婚をためらわわせる隠れた原因の一つです。

 結婚して子供がいる人生が素晴らしいという洗脳を私たちはされてるんです。

妻の座から降りるのが怖いと感じるのは、今自分がいる場所をファーストクラスだと思っているからです。

本当にそこは居心地がいいですか?豪華な料理を食べていても、夫の怒号や厳しい視線に責めたてられ、食べた心地がしないのではないですか?

そうそう、お寿司を食べに行っても、好きなの頼めないしね。

クッションのきいた広い座席い座っていても、ゆったりとくつろげていないのではないですか?いつも夫から指示され、夫の機嫌をうかがいなから行動していませんか?そんな席が快適な場所といえるのでしょうか。

ものごとを見るとき、いつもと違う角度から見ると、姿形が違って見えます。自由で気楽な席に座っている人から見れば、びくびくしながらファーストクラスに座っている人は哀れでしかありません。

自由がなく楽しめないけれど豪華で見栄えのする旅行と、見栄えはしなくても自分の好きなところへ自由に行ける旅行、本当にあなたがしたいのは、どちらですか?

 

まさに、これ。すごく良く分かる。自由が欲しい。

私も主婦という社会的立場がなくなれば、単なるフリーターになってしまう。

でも、生きてて楽しくないの。無気力になるの。生きてる感じがしないの。

 

誰か助けて!ってずっと思ってたけど、分かったことは、誰も助けてくれない。

自分で動くしかない。

 

世の中の離婚している女性は、みんなすごい。勇気のある人たちだ

 

 

 

2、モラ夫のいやだったこと。モラ夫ルール

  • 調理

肉の味付け、焼き加減は、必ず確認しなくてはならない

 

お風呂

バスタオルは、大きいのを用意しておかないといけない

シャツは臭ってはいけない

夫がシャワーから上がって、ドライヤーを使うとき、すぐ使えるようコンセントをさしておかないといけない

 

トイレ

朝夫の前にトイレに入ってはいけない

私の後は臭いそうだ。仕方ないよね。人間だもの。

 

家の掃除

洗剤も用途に合わせていろいろいる。雑巾やスポンジも何種類も必要。清潔に住もうと思ったら当たり前のことでしょ。でも夫はこう言う。

「お金がかかるぐらいなら掃除しなくていい!」

それでいて、汚れがたまってくると文句を言う。

 

買い物

洗剤一つでも、事前に断り無しに買ってはいけない

了承のないものにはお金を出さない。

シャンプーが切れて、その日使う分もなくて、急いで近くのドラッグストアに買いに行ったら、イオンより40円高かった。

それを、ずっとなじられた。

 

スーパー銭湯

漫画の置いてあるスーパー銭湯、多いでしょ。

でも、私は読みたい漫画を読めなかった。夫が、それは私の教育に良くないと判断したら、それは返してこないと、ずっと不機嫌だった。それが嫌で嫌で、休憩室ではできるだけ夫に見つからないように座った。

 

食費は1週間に一度

食材は1週間に一度、夫と一緒に出かけて買わないといけなかった。しかも1週間で3000円だった。

一生懸命考えて選ぶのに、夫はた「これも足しといて」と魚やらパスタソースも持ってくるのが、死ぬほど嫌だった。

そして、レジの前に、「全部で3000円以内やろうな」と必ず聞かれた。すごく嫌で、夫と離婚の話し合いになって、1人で買い物に行ったとき、涙が出るほど解放感があって嬉しかった。


二度と前のような生活には戻りたくないという思いを噛み締めた。

1、モラハラ夫の嫌だったこと。モラ夫ルール

モラハラ夫はルールが多かった。

(今離婚に向けて話し合い中)

 

料理

1、ご飯は毎回炊きたてでないといけない

(電子レンジで解凍したご飯はまずいそうだ^^; めんどくさー)

 

2、お肉は解凍でも調理でも電子レンジを使ってはいけない

(電子レンジレシピも多いし、シリコン調理道具ですると美味しいんだけどね。

解凍でも使うことが許されなくて、帰ってくる前にこっそり急いで解凍していた。

あほくさー。じゃあ、自分で料理しろって思う。でも言うと、それは家事だから自分の仕事ではないと。亭主関白)

 

3、コップやお皿は、盛り付ける前に一度水でゆすがないといけない

(コップに買ってきたお茶を入れたら、泡が出るでしょ。それが洗剤だ!っというわけ。なわけないじゃん。きれいなコップでも出るよ。

だから、夫に出す前に、こっそり爪楊枝でつぶしたりしていた。)

 

モラハラ夫の語録・性格

1、イライラする

2、これだと精神的に落ち着くからこうして

このセリフで、私は全ての自由を奪われてしまった。

『口座も貯金も、俺の口座に移さないとイライラする。

だって、同じことでしょ。イライラする。』

夫の目を見開いた恐ろしい形相におびえて、機嫌をよくしてほしくて、通帳も貯金も渡してしまった。

改めて思うと、渡す必要なんてないのに、その時は恐くて、その状況か逃れたくて、いつもの優しい夫に戻って欲しくて、全て言いなりになってしまった。

f:id:mainitine:20170412095028p:plain

ずっと離婚したいと思っていたけど1人でやっていけるか不安だった私が離婚を決断したとき

ずっと離婚したいと思っていたけど1人でやっていけるか不安だし、離婚してから後悔しないかと思って、ずーーーっっと悩んでいた。

 

それが今回ある出来事があって、絶対別れようとストンと納得した。

 

夫がある私の家事のことで激怒した。それは大変小さなことで、夫の洗い物をきちんとしていなかったということだった。私は、いつもどおり洗っていたのに。

 

夫は私に、

「ちゃんと家事できんのやったら、小遣いゼロにするぞ」と言った。

私は、生活費をもらっていない。夫と出かけて食料品を買ってもらう。パートで働いているお金も夫管理。

私はお小遣いがなかったら、一切自由に使えるお金がない。

 

私は、「そんなにこだわりがあるなら、自分で洗ってよ」と言った。

夫は、「それは家事だ。俺は洗わない。そんなこともできんのか。」と言った。

 

今までずっと離婚して大丈夫か悩んでいた私は、このとき、もうこの生活は無理だ。と思った。

 

そして、その日から夫の顔色を伺っておどどしていた私が、夫の洗いものはしていないし、ご飯も作っていない。

 

 

 

モラハラ夫の態度

一緒にお出かけしました。

お土産屋さんに入りました。

 

夫に食べたいの選んだら?と言われます。

やっぱり夫はいい人!と思います。

 

私は自分の食べたいおかきを選びました。夫に、これが食べたいといいます。

すると、なぜかその場所から夫は移動します。

そして、しばらくしてから夫のところに行くと、「これにしたらどうや」と、一番お得なパックを勧められます。

 

別に、お土産のおかきをわざわざ買わなくてもいいんですよ。お金ももったいないし。

 

でも、夫が何か選んでもいいというふうに言ってくれたら、喜んで選んだのに。

夫の選んだ、一番お買い得なおかきの袋以外は、夫はいい顔をしません。

自分のお小遣いで買えばいいんですけどね。自分のお小遣い2万の中から買うと、洋服とか化粧品とか、友人とのランチのときに足りない恐れがあるので使いたくないのです。

 

それなら自分で収入を増やしたいのに、夫はダメだという。

 

やっぱり、夫の顔色を伺って、夫がいいというおかきを買ってもらったほうがいいよね。そうでないと、ここではお菓子を買ってもらえなくなるし。

 

それで、夫の希望のお菓子を買って、車に乗りました。

あれだけ、どのお菓子を買うかで、夫と心の中でやりあっているので、私はもう食べたいです。ストレスで。

 

でも、食べていいか夫に聞くと、やめておきなさい。家に着いてからにしなさいと言われます。

ところが、15分ほどすると、夫がさっきのお菓子を食べると言い出します。

お腹がすいたそう。

 

夫は必ず許可を出す人で、私は許可をもらう立場、夫は選ぶことができて、私は選んでもそれを決定する権利は与えられていないのです。

 

これでも、車でお出かけできるだけいい、という人がいるのかもしれないけど、私は、苦しい。

結婚も自傷行為と同じ

伊藤 比呂美さんの「女の一生」のなかに書いてあったけど、結婚も自傷行為の一つだって。

この本は本当にお勧め。伊藤さん自身が結婚・離婚・事実婚をしているから、説得力がある。お金がないから嫌いな男と別れらないなんて最悪。

今の私がその状態なんだけどねー、笑うしかない。

西原理恵子さんのどの本か忘れたけど、かっちゃん(高須克弥)の全身整形は心を病んでるときにやってるんだって。体の見た目だけむきむきとか。

 

摂食障害も整形も結婚も自傷行為

人は孤独で苦しくて、過って結婚してしまう。そして後悔。

 

整形して美人になって幸せ、整形してよかった!っていうブログとか文章あるけど、私は整形絶対反対。

そういう人の壮絶な努力は認める。高いお金、ダウンタイムの孤独、痛み。でも、10年後、絶対後悔する。

 

何で知ってるかというと、大変親しい友人が、豊胸手術をして、バッグが5年で破れて、何度も除去のための手術をしたのを知っているから。

豊胸手術のときも、激痛だったし、やっとメンズと自信をもってことにおよべると思えば、固いと言われる。あげくに、片方だけバッグが破れて、何度も抜去のための手術をしていた。

 

結婚も、する前は、素晴らしい未来が待っている、幸せなゴールにたどり着けた満足感がある。

 

ところが、結婚すると、全く自由がなくなる。特に女性はそう。今は男性もそういう家庭があるのかな。

夫に怒られるから、家ではニコニコいい奥さんを演じ、会社では家での疲れをとるため、ぼーっとしていて叱られ、家には急いで帰り、夫の喜ぶ晩御飯を用意する。

 

夫に呼ばれれば、すぐに行って背中を掻いてあげたり、お茶を入れたり、一緒に出かけたり。一緒に出かけても、すぐどこかに行ってしまう夫の後ろを必死で追いかける。離れたら怒られる。

 

調べ物を頼まれて、できなかったら「今日何をしとったんや」と言われる。

一生懸命調べても、結局夫はもう一度調べて、私の結果が正しいか確認して、なおかつ違うプランにする。

私、調べる必要なくない?

 

うちのモラ夫がひどいからかな。

 

私ね、モラハラ受けてる人、少しだけ見た目で判別できるよ。

まず、基本おどおどしている。どもっている。

卑屈な感じの表情、人を恐がっている感じ。

私のことだね笑

 

以前パソコン教室で働いていたとき、上記の感じの女性がいたの。あるとき、旦那さんからTELがあって、奥さんは内緒でパソコン教室に通っていたのね。で、妻が通っているんですか?って、すごい恐かった。

あれ、絶対モラハラパワハラ・DVの家だと思った。

離婚のために自立しようと思って通っていたんだろうけど、その後、教室も辞めて、今頃どうされてるんだろう。

 

早く自由になりたい。

自由になったら、何をしよう!

パソコンの履歴を消さなくてもいい生活になる、それだけで十分だ。

 

どんどん、希望が少なくなってきた。

前は、離婚したら歯を治したいと思っていた。

今は、歯はこのままでいいから、別れたいと思う。