モラハラ夫と離婚できなかった主婦の貧乏奴隷生活

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます

モラ夫は言ってることをすぐ変える

うちの旦那はモラハラだと思う。

 

私が誕生日のとき、普段は全く!私の行きたいお店に行けないので、

「お店指定してもいい?幾らぐらいまでならいい?」

と聞きました。すると、機嫌よかったようで

『1人5,000円ぐらいまでならいいよ』と。

びっくり!でもウレシー

 

と思って予算に収まる行きたいお店を伝えました。

そしたら高いからダメだと。

でも注文するものを気をつければ、ちゃんと予算におさまるのです。せめて一年に一度ぐらい、自分の行きたいお店に行かせてもらってもバチは当たらないでしょう。

 

で、夫が調べて某ホテルのランチバイキングに行こうと言い出しました。

ランチバイキングでもいいんですよ。誕生日でも。

連れて行ってもらえるだけ有難い。

 

でも、同じ値段で私の希望のお店に行けるのに、なぜ私の希望は聞いてくれないのか。

予算内ならいいと言ってくれたではないか。

 

私ががっかりしたいるのが分かったみたいで、誕生日当日私の希望のお店に行ってくれました。でも3,000円までやぞ。と言われて、夫は何も料理を頼まない。コーラ頼んだだけ。

 

急いで前菜を頼んで、ドリンク1杯頼んで、すぐお店を出た。

 

そして、ランチバイキングには行かず。

 

なんだろう。わざわざ私の希望のお店に行ってくれたのは嬉しいんだけど、全然楽しくなかった。

夫の機嫌とることまで主婦の仕事っておかしいよね?!

男性は命がけで働いて大変だと思う。

主婦は家のことをしていたらいい。

だから楽とはいえないと思う。

 

夫が上司になるわけよ。嫌味な上司よ。不機嫌さも出してくるし。

金もくれないのに、労わりまで要求してきて、頑張ってるアピールをするわけ。

 

どこか出かけても、ジュース買うにも夫の許可がいる。

どこで休憩するのかでも夫の許可がいる。

 

食事を作れば、調理法が違うとのたまい、換気扇の下で調理していたので、夫の声が聞こえなかったら、大激怒。

 

夫の機嫌とることまで主婦の仕事っておかしいよね?!

 

知り合いの60歳の女性。とっても賢くて通訳案内士の資格までとっている。

それなのに、タブレットが夫と共有だからラインに加われないんだって。

夫に見られるから。

 

子供2人作って、育てさせて、親の面倒も見させた妻に、アイパッド1つ買えるだけの余裕を渡してないなんて、ケチすぎると思う。

 

その良妻賢母の方に、夫のこと相談したことがあって、そしたら「あなたが行きたいところに旦那さんに何とかうまくお願いできないの?」ですって。

 

夫は常に許可する立場、妻はお願いする立場。

立場弱いよね。弱い妻は一生我慢するしかないの。みんなそうしてきたから。

って言われて、はいそうですか!って言えるかい。

 

こちとらもおばさんになってしまったけど、仕方ない。人生やり直さないと。心が死んでしまうから。

離婚にあたって買っておくもの

行くシェアハウスは駅から徒歩20分

なので、今のうちに100均とかドラッグストアで買うものは買っておこうと思う。

 

100均で買うもの

1、歯間ブラシ

2、コットン

3、A4が入る封筒

4、透明フィルム

5、プラスチックの仕分け箱

 

ドラッグストアで買うもの

1、シャンプー

2、コンディショナー

3、ボディソープ

4、歯ブラシ

5、洗剤

6、お洒落着用洗剤・カラー用漂白剤

 

 

1人になったら買わないといけないもの

私が入る予定のシェアハウスには洗濯機や冷蔵庫はある。

だから買わないといけないものは自分の個人のもの。

 

ベッド

椅子

ドライヤー

テレビ

加湿器

 

余裕ができたらほしいもの

一眼レフカメラ

パソコン

 

余裕ができたらしたいこと

歯を治したい

 

 

ベッドはニトリの足つきマット

これなら椅子がわりにもなる。14,900円

f:id:mainitine:20170330180408j:plain

 机はコンパクトPCデスクが良さそう 13,166円

ドライヤーはパナソニック ヘアドライヤー イオニティ 2,926円(アマゾン)

 

まあ、今は全くお金ないから何も準備できないけど。

 

かなわない_植本一子を読んだ

phaさんがおすすめしていた「かなわない」植本一子を再読しました。

 

すごい!私の頭の中かと思った。

生き辛さが文に表現されてます。

 

子供を育てる大変さ、親との関係、年の離れたデモにばかり行っている夫の話。

どれも、心に迫ってくる話でした。

 

アマゾンの書評を読むと、ほとんど悪いなのです。それも分かります。

例えば、母親のことすごく恨んでるんです。それなのに、広島の実家から帰るときお金をもらったことが書いてあって、夫の石田さんは残高があと10万ないから助かったというようなことを言ったとありました。

 

子供もいる大人が親からお金をもらうことにびっくりでした。

 

多分世の中の多くの人が親からお金をもらっているのかもしれないですが、それを大っぴらに言わないですよね。

それを書いちゃうところが、正直です。

 

病院では境界性パーソナリティ障害と診断されたそう。

 

こういうのって病名あるんですね。知りませんでした。

 

この世が生きづらいと思っている人は読むと、同じ症状だ!と思うかもしれないです。

もはや普通の夫婦が分からない

他の家庭ってどうしてるんだろう?

 

例えば

週末にお出かけしました。観光地でお土産屋さんや、ちょっとしたおやつがいろいろ買えるようになっています。

誰が買うと決めて、お金を出しますか?

 

うちは、私が食べたくても、夫が嫌なら食べない。お金出さない。すぐ店の外へ行く。

 

自分のお小遣いで食べればいいんだけどね、自分の小遣いが減るのは嫌なんだよね。

だって、休みの日に、夫と一緒に居て、気を遣ってるのに、まだお金出すなんて。既にパート代も夫に管理されてるのに。

 

例えばお土産買いたいと思っても、夫が許可しないと買えない。その品も夫にほとんど決められる。夫の勧めたのにしないとまた機嫌が悪くなる。なんだろ、あれ。

 

よその旦那さんって、奥さんのいいなりなんでしょ。

奥さんのほうが強くて威張ってるんでしょ。うちとは大違い。

離婚の話し合いをしている

ついに離婚の話し合いをしています。

というか、会話は皆無。

離婚に向けての手順が書いてあるノートが机の上に置いてあって、それを見て、今の状態を確認する感じ。

 

もう10日ほどまともに話してないし、ご飯も作ってない。夫が帰ってきたら、隣の部屋に行って、同じ空間にいないようにしている。

 

もう結婚生活は破綻しているし、やり直しても同じことは分かっている。

 

それなのに、今になって、このまま別れていいのか、私が悪かったのではないか、子供を作るにはラストチャンスなのではないかと、思い悩んでいます。

 

これは多分、もっていたものを無くすもったいないという感情なだけだと思うのです。

 

仲直りして、喧嘩しての繰り返し。親も巻き込んでしまった。もうそろそろ決着をつけないと。

 

50万あれば、すぐ家でようと思って、懸賞雑誌買ってきたりしてたけど、一人になるのが本当に恐い。

 

友人に話すと、また新しい人ができるよ!って言うけど、もう男はこりごり。

西原理恵子さんが書いてるように、今更再婚しても、介護と飯炊き係りになるだけ。

 

苦労のない結婚なんてないというけど、、、

でも、私は生きてる感じをもちたい。自分の力で稼ぎたい。尊敬されたい。

 

あー私って苦労知らずの甘ちゃんの主婦なんだろうな。別れて思い知れって夫に言われた。

 

もうすぐ40だし。人生やり直せる時間はもう少ししかない。