モラハラ夫と離婚できなかった主婦の貧乏奴隷生活

夫からモラハラされてますが結婚生活続けてます

夫に死んでほしい妻たちが、モラハラを受けている妻の気持ちを代弁していて拍手喝采だった

「夫に死んでほしい妻たち」を読んで、私と同じこと思っている人が

こんなに多いんだと思ってすごくうれしかった。

 

この本は本当にすごい!

夫死んでほしい

この言葉が頻繁に出てくる

 

読んで分かったことは、まず、産休で男が楽をした状態になれてしまうこと。

産休で女性が仕事を休むと、男は今までかろうじて分担していた家事をしなくなる。楽するわけ。

 

で、その分担が当たり前の状態になったところで、女性が仕事復帰すると、夫は何もしない。ゴミ捨てだけで偉そうにする。

「夫、死ね」

となるわけ。

 

経済的に自立している看護師の女性の方の言葉も興味深かった。

『夫に死んでほしいと思っているのは、まだ甘いね。愛情が残っている証拠かも』

ですって。

ひえーーー

理由は

『だって、もう、夫のことは何とも思わないもの』

深いですわー

 

そういうエピソードがてんこもり

 

夫に腹がたって仕方ないとき読んだら溜飲が下がりますよ。

旦那の判断でしか、行く場所を決められない

旦那には友達がいない

 

出掛ける相手が私しかいないから、必然的に私と週末出掛ける

 

今日、『お金使いすぎとるから週末はレトルトカレーにする』と旦那が、宣言してきた

 

毎日わずかな食費から食事を作って、週末だけが唯一、一食ぐらい外食できる機会だったのに、また私がご飯たいて準備するはめになった

 

レトルトカレーでも作るよりは楽だけど、外食よりは面倒よ

 

そのレトルトカレー宣言のあとに、テレビで和歌山のくえ料理を特集していた

 

そしたら、旦那が、今週末くえ食べに行くか?と言ってきた

 

もちろん激安の1300円のくえ丼だが

 

私は、えっ、さっきレトルトカレーって言ってたけど、

というと

 

行きたいんか、行きたくないんか、と激怒

 

正直、旦那と片道4時間も車に乗っていたくない

たとえ、くえ丼が食べられたとしても

 

本当は近くのスシローが一番嬉しい

 

私の希望は言っても通らない

 

 

 

私が子供が欲しくない理由

うちには子供はいないし、今後も欲しくない。

 

なぜなら、私は10代の半ばから30代半ばまで、ずっと思っていた。

「こんな人生なら死にたい。生きてる意味がない。」

 

今でも空しくなることはあるが、最近はあきらめることを覚えた。

 

こんな辛い人生を子供に味わわせるなんてかわいそうだし、

もし子供を産んだら、きっと心配で過干渉の毒親になると思う。

 

夫が病気になろうと会社でいじめられようと、大丈夫かなぐらいだが、

弟が会社でつらいという話や親が病気になった話を聞くと、胸がはりさけ

そうな気持ちになる。

 

こんな思いはしたくない。

 

それに、今でもお金の制限が厳しのに、子供ができたら夫はもっと

ケチになると思う。

 

今は週5,000円の食費でやっている。

毎日どうやって節約しつつ、夫の満足する料理を作るかで頭がいっぱいだ。

 

もう食事なんて作りたくない。

会社の仕事なら、新しいことにチャレンジして評価され感謝されお金がもらえるが、

家事は毎日同じことの繰り返しで、何もおもしろくない。

これが一生続くと思うとゾッとする。

 

子供がいたらかわいいよ。旦那さんも変わるかも。

なんて言われたこともあるが、うちの家に生まれても、十分な教育を

受けさせてあげることは無理だし、夫がケチでなくなることはありえないと思う。

 

子供がいるおうちの方は本当にすごいと尊敬する。

子供さんのブログとかインスタはたまに見るのだが、とてもかわいいし楽しい。

 

だけど、その子が自分の老後も優しく面倒を見てくれるとは限らないんじゃ

ないかなと思う。

 

最近読んだ沖田×華さんの「お別れホスピタル」がとても面白かった。

死ぬときは子供がいてもあてにならないのだなと思った。

主婦が家出するのはハードルが高い

主婦でお金がないと家を出るのもままならない。

 

この前TVを見ていたら、

ある年配の男性が、ある日妻が醤油を買いに行ってからから

帰ってこないと言っていた。

だから、奥さんには優しくしないといけないって。

 

奥さんも出て行くまで、何度もメッセージを発信していたはずなのだ。

だけど、どうもならなくて、家を自由に出る方法もなくて、夫に怪しまれない口実で家を出たのだと思う。

 

またある日、コンビニのイートインで食べていたら、

60代ぐらいの女性2人が話をしていた。

 

一方の女性の旦那がひどい人のようで、もう一方の女性が、

「私だったら、家出るわ。

旅館の中居とか、女中さんを1ケ月でもしたらお金貯まるでしょ。

そしたら、自分の好きなところに行けばいい。」と。

 

家を出たいと思っている女性は多いんだろうな。

 

夫は早く死ねばいい思っている主婦も多いと思う。

 

世の中の旦那さんは、いつか痛い目見ないと気づかないんだろう。

 

広告ででてきた↓このマンガを買ってしまった。

私のことかと思った。一日1,000円とか。

おもわず買って読んでしまったのだが、ひどい旦那から逃げ出したのに、

結局また同じようなDV男にひっかかっていて救いがなかった。

 

レンタだと48時間300ポイントで全部読めた。

レンタでマンガを購入するときは、いつもi2iというポイントサイトを経由するようにしていて、

そしたらそこのポイントも貯まるのでお得だと思います。

参考になれば、i2iのバナーを貼っておきます。

ちなみ、こちらか入っていただけますと私にもあなたにもポイントが入ります。もしよろしければ、私のところから入っていただけますと泣いて喜びます。

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!

野原広子さんのマンガでモラハラ男がうまく表現されすぎていて、夫が大嫌いだと他の人も思うんだと再確認する

野原広子さんの「離婚してもいいですか」を購入して読んだ。

 

あまりにも共感できるのでネットで探すと、

ネットでマンガの連載が読めた。

www.comic-essay.com共感しすぎて、ネットに掲載されているのは全部読みました。

野原広子さんのマンガでモラハラ男がうまく表現されすぎていて、夫が大嫌いだと他の人も思うんだと分かって、とても嬉しかったです。

 

多分野原広子さん自身が同じような体験をしたとしか思えないぐらい

リアリティにあふれている。

 

収入がないと、自分の意見がいえなくなる。

あー、お金ってなんだと思う。

 

西原理恵子さんの本でも書いてあったし。。。

 

2you.hatenablog.com

人生やり直したいけど、やり直す最初の一歩のお金がない。

 

私は、いろんな友人、市のDV相談、市の弁護士相談、に行ったから分かる。

結局、誰も助けてくれない。

 

友人に相談しても、「何で離婚しないの」「私だったら別れてるわ」

とか、そんなののみ。誰も、「家借りるのにお金いるよね?貸そうか?」

とか、「うち来る?」とか、1人暮らしの人も言ってくれなかった。

 

親身になってくれる人でも、結局は私の不幸話を聞いて本音は楽しんでるんじゃないかとさえ思える。

 

何でこうなってしまったのか。。。

 

野原広子さんは、「離婚してもいいですか」の続編のような形で

離婚してもいいですか?翔子の場合というのを出されてます。

今2018年11月14日時点ではkindle unlimitedで読み放題の対象に入ってます。

初回30日間は無料で読み放題なので、その間に読むと無料です。

 

翔子の場合のほうでは、介護でフルタイム働くようになります!

夫の浮気疑惑や、夫も子供もいるのに寂しいこと、

親のことなども出てきて、読んでよかったです。

 


 

2you.hatenablog.com

 

年をとればとるほど、体も弱くなるし、

おばさん扱いになるし、選択肢がなくなって、

家でも外でも下僕のような仕事をして、

周りの人のなかで最下層で、みじめだなと自分のことを思う。

 

ヤフーの知恵袋見ても、自業自得だとか若いときにちゃんと考えて

おかなかったのが悪いとか書いてある。

 

それはそうなんだろうけど、

私が悪い。夫から言われてることと同じ。

辛い。

 

結局死にしか救いを見出せないから、自殺する人がいるのだろうなと思う。

自殺しないですよ。

自殺失敗したらお金かかるし。

 

今はいつか夫を見返してやるという気持ちで毎日頑張ってます。このブログのおかげで同じような状況の方から連絡いただいたり、励ましのコメントいただいたりで、とても救われています。

 

 

 

 

 

 

主婦がモラハラ夫から夜逃げする方法をいろいろ探した

自分のお金がほぼないです。

なぜなら月2万のお小遣いしかもらっておらず

そこから自分の服・美容院・化粧品・親へのプレゼント・夫の誕生日プレゼント・

友達とのランチ代・お菓子・下着・靴・タイツ・本等

全てまかなわねばならないので、貯まらないからです。

 

実家は遠いし、行く交通費もないし、親に相談したら「帰ってくるのは許さない」と言われました。

 

でも、夫から逃げたい。

夫をこのままだと何か怒られた拍子に刺してしまうかもしれない。

 

まず王道のシェルター

ここに入るには、まず身体的暴力が必要です。

電話で聞いたら、身体的暴力DVがないと入れないと言われました。

DVの方が優先なのは分かります。

 

シェルターに入りたくない理由として、

今の仕事から逃げるように居なくならないといけない点です。

今のパート先には恨みもありますが(後日書きます)、いい人たちばかりなので

キレイに辞めたいのです。

 

それから、シェルターに入ると、完全に管理される生活になるそうです。

今夫から完全管理されていて、それがとても息苦しいのに、それ以上管理されるのは嫌だなーと思うのです。

甘いなと思うのですが、スマホが使えない生活にはなりたくないと思ってしまいます。

 

現実的な方法は、

女性専用のシェアハウスに入ることだと思いました。

今はシェアハウスがとても増えていて、最初の2ヶ月家賃無料というところや、連帯保証人・保証会社ともに不要というところもあります。

 

そんななかで、初期費用62,000円で2ヶ月家賃無料というところも見つけました。

1か月45,000円の家賃で、火災保険・初回の手数料・2ヶ月後の日割り家賃を含んで、初回62,000を払えば2ヶ月無料なのです。

 

こんないい話はないです。そこと連絡をとり、内見させてもらう話になったのですが、

ところが私はその62,000を準備できませんでした。

 

引越しすれば、シェアハウスなので家電や必要なものはついてはいますが、

タオルや化粧品、こまごましたものを買うお金も必要です。

 

それから、夫のいない昼間に夜逃げ(昼逃げかな)しないといけないので、

ほとんど荷物は持ち出せないでしょう。

いろんなブログを見ると、単身パックみたいのを頼んでこっそり逃げたという方がおられましたが、単身パックのお金もいります。

 

やっぱり、多少お金がないと逃げられないのです。

 

逃げたあとは、どうなるのか。

夫から異常とも思える連絡がくるでしょうね。

 

それでも安心して寝られる日が来たら嬉しいと思うのだろうか。

それとも、私はそのとき今日の食費がないと嘆いているのだろうか。

 

以前テレビで、醤油を借りると言って妻が出て行ったきり帰ってこなかったと

言ってました。

それは拉致問題のではないですよ。

奥さんは、モラハラDV旦那が恐くて恐くて、そういう方法でしか家を

出られなかったのだと思います。

 

私も追い詰められたら、そうやって着の身着のまま家を出るしか最終的にはないのだろうな。

 

 

銀歯を白い歯にしたいが夫が許してくれない

私は銀歯が5つ入っている

笑うと両側のはしっこに銀歯、下にも銀歯が入っていて、ずっとコンプレックスだった

 

グルーポンでセラミッククラウンが定価128,000円が19,800円で出ていて、夫に頼んだ

 

そうしたら保険治療の銀歯で十分と言われた

俺を怒らせたいんかとも言われた

 

怖かった

 

ネットで探すと、結婚前の貯金でやればいいとか、パートにでて、自分で稼いで歯を白いのに直せばいいとか出てくる

 

結婚前の貯金は夫にとられたし、今パートしてるけど、稼ぎは夫管理なのでどうにもならない

 

空しい人生

私はわずかなお小遣いしかもらってないから、美容院に行くのもきつい

 

だからminimoグルーポンで安いのを買って行っている

 

大体3,500円でカットとカラーのがあったら、時々買っている

 

その時にハピタスから入ってグルーポン選んで、購入すると今は7,2%もポイントがもらえる

3,500円のを買えば252円分ももらえる

すごく大きい

(%は、時期によって変わる)

 

世間のほとんどの人は、こんな小さな節約は考えるほうが手間、そんな一手間かけるストレスより、早く予約を終えて、家事や働くことに時間を使おうという考えみたいだから、こんなセコイことはかえって面倒なんだろうな

 

それでも、

もしハピタス入ろうかなという方おられましたら、こちらから登録していただきますと、あなたと私に100ポイント(100円)が入りますm(_ _)m

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

私はポイントはAmazonポイントに替えて使ってます